ブリガム・ヤング大学の生理学教授は、もはや学生にクラスのデモンストレーションの一環として、実際の尿と思われるものを飲む機会は提供できなくなるでしょう。


ハンセン教授は学生に水和、脱水の原理について学ぶためにクラスで尿を飲む機会を提供しました。実はそれが押すと水と食品着色料で作られた偽物の混合物だったのですが参加している女生徒はそのことを知りませんでした。



ハンセン教授は「学生に概念を教えるときに面白い方法で学んで欲しかったんだ」と言います。「悪意はなかったし、怒らせるつもりもなかった」

大学側はハンセン教授に懲戒処分を行う予定はありません。


しかし匿名の学生は納得がいかずソルトレイクシティのテレビ局フォックス13に連絡をしました。


他の学生や親も訴えていない、と言います。


デモンストレーションの概念は腎機能と尿形成の重要な側面について教えるために生理学コースで長年使用されてきた、ものだと言います。


「他人が尿を飲むの見るのは不適切であるが、それは必須でも実際に尿でもなかったので、単なる学習の機会と考えられていた」と言います。