目の見えないスコット・マギーさんはルイジアナ州に在住しています。ドライブスルーの窓口で商品を頼もうとしましたが盲目を理由に拒否された事に対してマクドナルドに訴訟を起こしました。



シカゴ・トリビューンによると、スコット・マギーが代理の弁護士を通してシカゴの連邦裁判所に訴訟した内容は「マクドナルドは、ドライブスルーにおいて、顧客にサービスを提供することを拒否したことはアメリカ障害者法に反している」といいます。


多くのマクドナルドの深夜販売は店頭は閉まってしまい、ドライブスルーの窓口のみで営業をしている場合が多いです。

マギー史も同様にドライブスルー窓口にて夜食を求めると盲目を理由に販売を断られたといいます。

障害を理由に販売を断ることはアメリカの障害者法に違反しています。同社は係争中の訴訟についてはコメントしないと発表しています。