ニューヨーク市のスタテン島では、増殖している鹿をコントロールするためにパイプかと計画を進めることになりました。



スタテン島アドバンス会計監査官スコット・ストリンガー氏によると同市では約2億円の予算による調査を行いました。



同州は調査が打ち出した科学環境保全状態の計画に承認する必要があります。州は鹿の出生制御プログラムが「有効である最低限の案である」と言います。「科学的研究による許容できる範囲の判断である」


鹿は、市の財産に被害をももたらすダニ媒介の病気を広げたり、交通事故を引き起こす可能性があります。


2014に同市の調査ではスタテン島には763頭の鹿が生息しているしましたが、現在の数は1,000頭を超えていると言います。

今回のパイプカットは9月から開始して今後3年間で終える予定です。