ニューヨーク州は所有者とペットとの関係を尊重し、埋葬方法についての規制の変更を検討しています。州議会は犬や猫といったペットについて宗教的な理由を除いた場合火葬後墓地へ埋葬できるという法案の可決をしました。



今まではペットのために墓地を開放してませんでした。

これに伴いペットのオーナーたちは安堵することですし、墓地にも選択の自由はあって然るべきだと言います。


提案は、人間と獣の関係に重きを置いた画期的なアイデアです。

同市はニューヨークのレストランのパティオへ犬を連れてくることを許可する法案を昨年可決しています。

猫の爪を切ることは市の条例で禁止もしています。

ただし


アンドリュー・クオモ知事はまだ墓地法案に同意していません。