スウェーデンは同国のチョコレート会社にM&Msチョコレートの商標使用を禁止しました。


スウェーデンの裁判所は、キャンディーメーカーの「マーズ」にスカンジナビアにおいてのM&Msチョコレートに似せた商品の販売を禁止し、あのカラフルなチョコレートのパッケージやロゴなどの使用もやめるように勧告しました。



M&Msチョコレートに形態を似せたピーナッツをチョコレートでコーティングした同社のMARABOUチョコレートはまさにM&Msチョコレートそのものです。


今回の裁判の結果によってM&Msチョコレート会社であるクラフトは、スウェーデンにおいて商標の独占的権利を有することになります。

マーズには大文字のM&Msを使わないように注意が出され、小文字の使用などの許容範囲を与えました。

マーズは「この商品で市場は混乱していなかったし、スウェーデンの最愛のブランドであるマーズのさらなる挑戦の始まりである」とコメントしています。