新法律ではパン屋はがワインのビスケットを作るために大量のワインを購入することができるとしました。


米国ロードアイランド州の知事は、パン屋が制作するワインビスケットと呼ばれるカリカリに焼かれたイタリア系アメリカ人のお菓子を作るのに使用するためにワインを購入ことを許可する法令に署名しました。

d39838d607b343eb99c6c5baa2661234


広報担当者は民主党知事ジーナ・ライモンド氏は先週月曜日に法案に署名したと言います。


ワインビスケットは、一般的にロードアイランド州のイタリア系アメリカ人のパン屋によって販売されているクッキーですが、他の場所で見つけることは困難です。パン屋は、それらを作成するために生地にワインを混ぜます。


法案では、パン屋が各卸売業者からワインを2000ガロンまで買うことを許可しています。ワインビスケット用のライセンセを設けるべきだと民主党議員のクリステン・タンツァーロ氏は言います。


パン屋は時代遅れのアルコールライセンスを更新できたことに喜びを隠せません。