カナダのホームセンター、ローズはオーウェン・リマさんと彼の介助犬ブルーを抱き合わせて雇用することにしました。


リマさんは、脳損傷に苦しみ介助犬を必要とします。けがのためにリマさんは、早口で喋る人を理解するのに苦労をし、彼の介助犬はリマさんを落ち着かせ、不安による発作を起こさないように役立っています。

lowes-image-and-blue-e1465492466456 



「自分の現実を受け入れてくれた仕事を見つけることは本当に難しい。自分には介助犬が必要だというと雇用はされなかった」と同僚に言います。

しかし店長のパオロ・ギャロは問題視していないようでした。


新規の顧客サービス担当として店頭で顧客をする仕事をこのコンビに任命しました。



同社は、オーダーメイドのロウズ従業員のベストをブルーに着せてあげました。


その反響は思っていた以上でした。ソーシャルメディアがブルーを掲載し、この新店舗のオープニングを町の人々が待っています。