ヘビでした。

アーカンソー州の女性が州の幹線高速道路を走行中に、車のダッシュボードからでてきたのはなんと、4フィートはあるヘビでした。女性はけがをすることなく車を止め、助けを求めることができました。



ヘビの種類は猛毒を持つものや人に危害を与えるものではありませんでしたが、被害にあったケリー・スウィッシャーは黒板に爪を立てられた感じ、表現し嫌な汗をかきました。

「ヘビは目立った鱗があった」と言います。運転していたんだろうけど、自分の手がハンドルを握っていたかどうかも覚えていません、と振り返ります。自分の鈍さ、機転の悪さは世界1に思います。ただ覚えているのは膝を耳まで持ってきて、疼くまって防御しました。


車を止められるまでヘビが動かないことを望みましたが、ヘビが動き回り続けました。そしてダッシュボードから後ろのシートまで移動しました、彼女は車を止めることにし、州の保安官に助けを求めました。


ワシントン郡動物管理官が来て、ヘビを捕獲しました。