WHOは、新しい研究成果を発表しました。


コーヒーは1991年に発癌物質として認定されていましたが、今週の水曜日に世界保健機関( WHO )は、がんを引き起こす可能性はコーヒーには決定的な証拠がないことを言いました。

国際がん研究機関( IARC )は以前、鉛、クロロホルムなどの他の物質と一緒に、そのカテゴリに発がん性の可能性が高いとしてコーヒーを記載しました。



IARSは、飲用コーヒーの発がん性については決定的な証拠を発見できていない、として警告を逆転しました。

IARCが招集した科学者の研究員は、ヒトおよび動物で1,000人以上の研究を見直しました。

これらの研究の多くでは、コーヒーを飲む女性の乳房や膵臓および前立腺の癌を引き起こす可能性の証拠を見つけることができませんでした。証拠は、癌の他の20以上のタイプでも同様に決定的な現象はでませんでした。「コーヒーが安全であるとは言っていません。ただし今までの懸念はぬぐえます」


しかし新たな事実も発見されました。それは温度です。非常に熱い飲み物が癌を引き起こす可能性を示しています。65度以上の飲みものは食道癌を引き起こす可能性があるといいます。

お茶の場合、約70℃で中国、イラン、トルコ、南米では、食道癌が増加する危険性を示す証拠がありました。