イタリア上院議員会議では、すべてイタリアのピザシェフの専門家リストを作成するための「ピザメーカーの法案」を火曜日に発表しました。

この法案が可決されると、ピザを作って販売することに資格を問われるとことtなります。この資格には「食品科学」を学ぶ20時間、「ピザ作りのワークショップ」の20時間、「食品衛生を学ぶ」30時間と「外国語習得」の40時間で構成され、合計120時間のコースを完了させないとピザ作りはさせてもらえなくなります。そしてこのコース終了者は18ヶ月間のピザ釜前での実習を終えてから初めて一人前と認められます。2782ae996a2a61af25886d9b027abad6a45ef0b638b238ffbb1bb56a6f2e8d6e



ピザ作りを学ぶためのコースは既に存在していますが、専門家はそれらコースは、多くの非熟練者や素人でも参加しており、規制や標準化されたことはありませんでした。

現在規制がないのはシェフの個性が失われる恐れがあるからだとも言います。


法案を実行することにより、国の伝統料理を保護し、規格外ピザの販売から消費者を守ります。


「イタリア人として、私たちは私たちの伝統料理を守るせきにんがあります」と議員たちは言います。 ピザはイタリアのすべてのレストランの50パーセントを占め、「不正な」ピザはかなりはびこっています。


「いくつかのケースでは正味期限切れの食材を使用していることもあります」と言います。


平均して、日に400万ピザが毎日食され、国には48,000店舗のピザ屋で推定10万人が雇用されています。また法案には10年以上の経験者や4人以上のチームの統制者には「マスターピザメーカー」のタイトルを提供するとも言われています。