ヒューストンに住む女性のアクセントが、変わってきてしまいました。彼女は12月に顎手術を受けたのですがその後今までとは全く違う発音をし始めるようになり、医師は彼女が「外国語アクセント症候群」と呼ばれる神経学傾向を持っているかもしれないと言います。



実際にこのリサ・アラミアさんに話してもらうとイギリスのアクセントとかすかなオーストラリア・アクセントを聞き取ることができます。


外国アクセント症候群は、外傷や音声を制御する脳の領域の損傷に起因するまれな医学的疾患です。原因は多くの場合不明とされていますが、脳卒中、頭部外傷及び精神医学的状態に関連しています。スピーチ療法によって、患者は通常のアクセントへ復元することができます。


トビー・ヤルソ博士は、彼女が稀な条件を有していると考えています。


患者は本来のアクセントに戻したいと希望しています。