考古学者は、彼らが鋳造硬貨の最初のセットであると言います。


イスラエルの考古学者は、後期ヘレニズム時代( 126 BCE )の今までの鋳造硬貨歴史の中で最初のグループにあたる銀のコインを発見しました。

ハスモン朝の王、アンティオコスVIIと彼の兄弟であるディミートリアスIIの画像が前後にあり、掘削中の農業不動産の壁の岩の裂け目に隠されていました。
824x0_q71_crop-scale 



「銀貨の買いだめはまれである」と ロバート・クール学芸員(イスラエル考古学庁)は語りました。 「発掘調査でこのように発見されることはかなり珍しです。」


銀貨は全部で16枚あり、紀元前135から126間に作成されたものでした。これらは、ハスモン朝の王によって鋳造された青銅のコインと一緒に発見されました。


「私たちが見つけた現金にはいくつかの未知な理由があるようで、当時の使われ方などは分かっていません」2140年ぶりに発見されたコインについてアビラハム・テンドラー採掘デレクターは期待に胸を膨らませています。