オーナーの息子はバーテンダーとしてレストランで働いていました。クレジットカードの控えを見るとそこには顧客への侮辱が記されていたのです。そこにはなんと「太っちょ2名」と顧客の見た目が書かれていました。
e863e68a4cf7a474c20ddedbedb6c9cf
 





「会計をお願いしてもらった勘定書には「デブ2名」と書かれていました。まさか自分たちのことをそんな風に呼ばれるとは思ってもいませんでした。領収書は直ちに彼のFacebookページ上に写真で掲載されました。

オーナーに従業員指導がなっていないことを指摘するとオーナーは「従業員ではありません。私の息子です」といって謝罪しました。レストランオーナー兼父親は直ちに50ドルのギフトカードを差し出

しましたが、顧客はそれを受け入れる気持ちにはなれませんでした。

父親に見習って18歳の息子も謝罪しています。

「考えが足りずに行動してしまったことを本当に申し訳なく思います」と地元紙に語りました。「大変幼稚でしつれない行動は全く日適切であったと理解し、全ての原因は自分にあります」

父親は息子を解雇しました。父親は全く悪くない、と息子は言います。

利用客は「彼のやったことは全くプロじゃないと思う。顧客の自尊心を台無しにすうることの罪をわかってほしい」と言います。