連邦判事は、スターバックスがシステマティックに分量を減らして顧客に商品を提供しているという訴えを受けていることに対して動きを見せました。
6c5375fd41ab893ddbb310aa7582e1a9 



二人のカリフォルニア州の在住者がシアトルを拠点とするジャイアント企業のスターンバックスに対して使用しているカップの75%しか供給していないことを言及し、訴訟を起こしました。

訴訟では2009年に使われているレシピを元に乳製品の節約からフェラテの容量を減らして供給するように意図していることを提示しています。

スターバックスはバリスタにカップの4分の一は残して顧客に供給するように指示していることが明るみに出ました。

スターバックスには3つのサイズがありますが、そのどれに対しても容量を減らすように指示していると言います。つまりそれぞれにサイズが表している容量を顧客には提供していない事になります。

現在8つの訴訟をスターバックスは抱えた事になります。


裁判官はスターバックスの詐欺疑惑に消費者が不信を募らせている事を遺憾としており、今後の裁判の行方が気になります。


スターバックスの広報担当者レジー・ボルヘスは、同社の訴訟は「根拠がない」と言っており、法廷で保身が準備されているようです。


彼らの飲料に顧客の不満があれば、スターバックスは「喜んでそれをリメイクします。 」と言います。先月も氷の水かさ増しに対してスターバックスは訴えを受けています。