これはアメリカン・ドリームなのかもしれません。

1,500ガロンのコカコーラと200パウンドのメントスでできたスイミングプールを作った男がいます。



彼の名前はテック・レックスとし、先週の金曜日自身の動画をYouTubeにアップロードしました。「映画でもこんなことを思いつかないぜ」とコメントした4分間のビデオです。

実際には20分間近くコカコーラに浸かっていましたが浸水しているときは肌が非常に滑らかだったそうですが、髪のベタつきはなかなか抜けなかったそうです。



またプールを設置した裏庭のコカコーラ臭は猛烈で、臭いを消すのには苦労したそうです。

この動画は、 2日間で800万回以上再生されました。