先週コーヒーチェーン、スターバックスのお客様のギフトカードの販売金額が約120億ドルに達したと発表されました。Unknown

スターバックスギフトカードは、アメリカで最大の銀行の一つを作成するのに十分なお金を持っているといえます。



アメリカ人は現在現金よりもギフトカードによってコーヒーを購入することが主流になってきていることを表しており、全体の40%の売り上げがこのギフトカードによって支払われています。クリスマスなどのギフトカードとして同社が練った計画がヒットし、この販売数字は順調に伸びています。


2014年のクリスマスイブに、CNNによると、7人のアメリカ人に1人がギフトカードを受け取った計算になり、毎分およそ1700ギフトカードを販売したことになります。2014年9月から2015年9月までの間に50億ドル以上の売り上げを上げており、その多くは未使用となっています。