カリフォルニアの海岸沖商業カニ捕り罠に絡まっシロナガスクジラの検索は、クジラウォッチャー、レジャーボーターによる懸命な捜査にも関わらず発見できておりません。


80フィート( 24メートル)の長さのクジラは約スクールバスの2倍の大きさで、サンディエゴ沖105キロ圏内を中心に捜索されています。

cf 


米国海洋大気庁( NOAA )は鯨が発見された場合、捕獲したのちに絡まっているカニ業の網から解放する予定です。

解放が出来ないとクジラは怪我をしたり最悪の場合は死んでしまうこともあります。


シロナガスクジラは、絶滅危惧種で、地球上で最大の生物です。長さが100フィート( 30メートル)まで成長し、 200トンに近い重量になります。シロナガスクジラの心臓は、フォルクスワーゲン・ビートルの車の大きさになります。


昨年は、 61のクジラが米国西海岸の漁具やカニ業のネットに巻き込まれ、今年も約40頭がこれまでに被害を受けています。