アルコールベースの手の消毒剤は近年どこにでも、いつでも手に入るようになっていますが食品医薬品局(FDA)は、それらについての詳細を追求しています。そのため手の消毒剤は、安全かつ効果的であることを証明する科学的な証拠を要求しました。


具体的には、 FDAは、消毒剤が妊娠中の女性や子供に有害であるかもしれないかどうかを調査しています。150911164931-hand-sanitizer-stock-medium-plus-169



店頭殺菌剤は、 毎日、繰り返し数百万人のアメリカ人によって使用され、手洗いが不便または不可能である場合に細菌を減らすために意図されています。

手の消毒剤はエタノール(またはエチルアルコール) 、イソプロピルアルコールと塩化ベンザルコニウムの3成分で構成されています。


イソプロピルアルコールは目や皮膚を刺激する恐れがあり、高濃度のエチルアルコールはニュージャージー州の健康省によると、胎児に害を与えることがあります。

繰り返し大量に摂取したときの動物実験では、塩化ベンザルコニウムによって致死効果もありました。


FDAの懸念は、これらの成分に関する科学的データを検討機関の独立した諮問委員会への提出を求めています。