ライフガードはアシュケロンの南部のイスラエルの都市で朝のジョギングをしていた時です。自然と公園局で働くメイア・アムシックさんは、 12世紀頃の古代のオイルランプを発見しました。ランプをこすると精霊が飛び出してきて、彼に3つの願いを叶えてやる、とは言わなかったそうです。824x0_q71_crop-scale



アムシックさんは、「そこでは、魅力的なろうそく倒れているのをまず発見しました」と言います。もしかしたら古代遺跡かな?と思って彼は拾い上げたそうです。


彼は正しかったです。


「ろうそくは商業の都市だった古代のアシュケロンの文化的豊かさを表します」とイスラエルの考古学者サー・ガーナー氏は説明しました。 「そこは海から商品を輸入するためのアシュケロンの港がありました。イスラエル南部を横切って、製造した物品はすべてそこから輸出されました 」


あなたは気づいているかもしれませんが、ランプは魔神のための素晴らしい家のように思われています。もしかしたらこのランプにも神話の生き物が住んでいたのかもしれません。まだ精霊とは話ができていませんが今回の発見者のライフガードはとても幸せを感じています。



「このような知見を発見することは非常にエキサイティング」と言います。 「歴史の一部を感じる。それはここの前にあったものに感謝できる感覚でいっぱいになった」と。