両親によるビーガンダイエットの結果です。



報告によるとビーガン食を供給した14ヶ月のイタリアの赤ちゃんは、栄養失調を引き起こしており、ミラノ病院に到着した後、両親から隔離されました。


本名の公開はないですが、赤ちゃんは一週間前に彼の祖父母によって病院に運ばれ、かなり健康状態が悪く、医師は赤ちゃんの健康状態の悪さとその体重が新生児よりも若干多いだけの体重を見てショックを受けました。



血液検査の結果、乳児は2015年5月生まれで、もともとカルシウムレベルが低い栄養失調に似た状態での誕生でした。赤ちゃんはまた、緊急手術を必要とし、先天性心臓病に苦しんでいました。現在病院で回復しています。


「新生児にはいかなる場合にも鉄分とカルシウムが必要なのにその供給が極度に低かったように思います」と小児科ダイレクターのルカ・ベルナルド医師は言います。

病院はすぐに警察にケースを報告し、正式に両親から赤ちゃんを隔離するよう命じました。


赤ちゃんの親権は祖父母が持つべきかどうかを判断するため裁判所の送検になりました。


ビーガン食事はイタリアで警告を受けており、今回のケースは初めてではありません。四人の子供が、過去18ヶ月以内に入院しており、ある栄養失調の幼児は先月ジェノアの病院で集中治療室で数日を過ごしました。


2歳の女の子が深刻な状態では、ビタミン欠乏および他の医療問題のために集中治療室に移されました。


ビーガニズムはイタリアでも注目されており、すべての動物性食品を避けるような食事法ですが、実際に必要としている人以上に傾向しているのが問題視されています。