KLMオランダ航空が長年の夢を叶えてくれます。


このオランダの航空会社は乗客に生ビールを提供する世界初の航空会社となります。高度の高いところでのビールの提供には懸念がありました。しかし大手ハイネケンはその問題を解決することができ、勝利の方程式を導き出しました。
klm-serving-beer-on-tap-on-flights-heineken-688472 



生ビールの樽には通常CO2カートリッジが使用されております。伝統的な生ビールの樽では空気圧によってこのタップは作動しません。ハイネケンのエドウィン・グリフィオレンが言うには「空気圧が飛行機の中では低いので通常のタップでは作動しません。もしそのまま持込が多量の泡水を飲むことになるでしょう」



彼らは空気の圧力の作業ディスペンサーを持っていますが、これらは飛行機に収まらないほど大きいものでした。今回のデザイナーであるグリフォエン氏は「冷却システムと泡の調節、高圧圧縮機の掲載を飛行機内のトローリーに収めることはまるで大きなジクソーパズルを組み立てていくように問題だらけでした。


特に冷却システムが最後まで残る問題にもなりました。最終的にビールは摂氏5度以下の冷却を成功させ、空港で飲むのと同じ高品質のビールが飲めるといいます。

最初のビールは今年8月に提供される予定です。