保健省から新しいデータによると10-17歳の自殺がユタ州の子供の主な死亡原因を示しています。


「昨年は600件を超えていました。」とユタ州チーフ医療審査官のトッド・グレー博士は言います。「つまりそれはほぼ毎日少なくとも1件ないしは2件の自殺が発生していることを表します」



ユタ州の若者の自殺率は、2007年以来、3倍に増えており、10歳から17歳の死亡の主な原因になった事を示しています。



グレー博士はこの問題に取り組むには、いくつかの理由から困難であると考えています。一つの理由は、より多くの精神保健プログラムが必要とされていますが、その治療のための資金が不足しています。特に保険は、通常、このような問題をカバーしません。

過去数年間の若者の自殺者の45パーセントが、銃の使用を含んでいた示しています。