動物保護施設はスマートフォンでデジタルモンスターとの戦闘をしている東部のインディアナ州の都市の街をさまよっている人々に、犬の養子を検討しながら歩かないかと提案しました。


フィル・ペッキンパフ氏のこのアイデアは、マンシーアニの動物保護施設の監督の発案です。彼は、人々がゲームに夢中になているのを目撃し、「ただ歩くなら犬の散歩をしてもらって、もし興味があれば引きとてもらうのはどうだろう?」と思いつきました。
 



ペッキンパフ氏はFacebook上でこのアイデアを投稿しました。

 「モンスターをキャッチするときに仲間は欲しくありませんか?お気軽にマンシーアニの動物保護施設に来てください。私たちがあたなたの戦闘の仲間を提供します」

この愛ではは瞬く間に拡散されました。

「この方法は運動を必要としている犬たちには画期的だし、しかもよりたくさんのボランティアを短時間で集められるわ」と参加者は喜んでいます。人々は45分も運転をしてでも犬を求めて動物保護施設へ向かっています。



ペッキンパフ氏はこのために散歩用のリードを20本新規購入しなくてはならなくなりました。施設には問い合わせの電話が鳴りっぱなしdす。その中には実際に犬を養子にする人もいました。ペッキンパフ氏はポケモンゴー人気が続くことを祈っています。fc71bd83172e4e8abd5880ba0e25312d