21歳の女性が彼女の自宅近辺でキツネザルによって攻撃を受けて負傷。現在は回復に向かっていると発表されました。


CBS4によるとビクトリア・バレドアさんは月曜日に彼女の家でドアをスクラッチするような騒音を聞き、チェックするためにドアを開けると、キツネザルが彼女にジャンプして飛びつき、彼女を噛みました。



ビクトリアさんの妹のイザベラさんは911に通報しました。キツネザルはしつこく姉妹を追い回し始めました。彼女はいくつかの咬傷を受けたため病院に運ばれました。


マイアミ消防とレスキューチームの要請で、フロリダ州魚類野生生物保全委員会の作業員がバレドア家に行ってきました。


野生生物のスポークスマン、ロレンツォ・ベロズ氏はが確認してことはキツネザルを捕獲することも確認することもできなかったと言います。

「キツネザルは元々フロリダには生息していないため、野生で見つかることも非常に稀である」と発表しました。

当局の記録には、エリア内のキャプティブ野生生物のライセンスを持っている約5人がキツネザルを飼っていることが示されており、捜査協力を依頼するかを検討しています。