パース在住の女性は安い酒を飲んだ後、メタノール中毒と診断されバリ島の病院の集中治療にいます。


ジェンニー・ルソンさんは突然、予想外の病気になって、彼女の膵臓の一部を除去するために緊急手術を必要とし、病院に運ばれました。6d20cc6ebb8050fc812c39fde5eb40ef



25歳の彼女は最初前日にクタで友人と飲みすぎたため、悪い二日酔いだと思ったそうですが、医師はそれよりはるかに深刻だったことを発見しました。「膵臓の一部が壊死していた」と医師に言われました。


彼女は今$ 50,000以上の医療費に直面しています。


彼女の友人は、治療費を支払うための資金調達のウェブサイトを設定しています。


「彼女の旅行保険は、有効期限が切れており保険会社は支払いを拒否しています」と彼女の友人は言います。

彼女はしばらく病院を出ることができない状態ですし、お金はさらにかかることが予想されています。


2013年、パースのティーンエイジャー、リアム・デイヴィスくん

は、大晦日にロンボクのバーでメタノールのカクテルを飲んで死亡しました。


パースの別の女性、テス・メタムさんは、 2013年12月にクタのバーで2杯のカクテルを飲み、二日後の失明しました。