113歳のニュージャージー州の女性が最長齢のアメリカのタイトルを保持しています。



マサチューセッツ州のウスター在住アデル・ダンラップさんはゴールディ・マイケルソンの死後、米国においての最長齢者として今月初めに承認されました、とレコード新聞が報告しました。


彼女はまた、世界でトップ10にカウントされる長齢者に入っています。


ダンラップさんは99歳と半年過ぎた時からPittstownのカントリー・アーチケアセンターに住んでいます。アメリカで一番の年長者になった気分を新聞社がたづねると「私は何が違うのを感じることはありません 」と答えました。「他の何ものにもなったことがないですし」と、皮肉る面もありました。



ダンラップさんは結婚するまで学校で教員をし、結婚後、3人の子供を育てました。彼女の夫は保険会社に勤務していましたが、 1963年に死亡しました。


彼女は長寿のための秘訣を持っていませんが、彼女の86歳の息子のアール・ダンラップさんが言うには「説明するのは難しいけど、母はジョギングをしたり、などするような人ではありません。でも60キロ以上にはなったことがないです。彼女はタバコも吸いますし。彼女はやりたいことはなんでもやっています」


彼女はニューアークで1902年12月12日に生まれましたが、かの女は見た目がいつも若く見られていました。去年の誕生日でも113歳とは思えずに介護センターの職員さえ10歳も彼女を若く見誤りました。最小限の日常の運動をして、クリスマスキャロルの聖歌隊への参加を毎年楽しみに過ごしています。