シドニーからタイへのフライトでオーストラリア人とインドネシア人のグループが飲酒による喧嘩になり殴り合いを始めました。


それは水曜日の夜のジェットスター27便で乗客は314人いました。酔っ払った6人が喧嘩を始め、クルーの言うことには耳を貸さず、止むを得ずにインドネシアのバリ島へ緊急着陸するという事態が発生しました。


航空会社は、この6人を強制的に飛行機から降ろし、バリの空港セキュリティーに引き渡されました。しかし引き渡されたのは5人のみでもう一人については未確認となっています。



バリの空港責任者、トリコラ・ハルジョ氏が取り調べを行うと、男たちが喧嘩を始めたのは飲酒の影響が大きいということが明らかになりました。「けが人はないが、心に傷が残ったようです」とのことでした。


テレビの報道によると男の一人は目の周りに青あざを作り、他の男は鼻血を出していたと言います。バリ空港は強制送還される前に健康診断を受けさせることをコメントしています。


機内で大量のビールを飲んでいたことが目撃されており、次第にエキサイトした乗客たちは周りを顧みずに殴り合いを始めたと言います。プーケットまでの9時間20分のフライトのうち、喧嘩は5時間後に開始となりました。バリは、シドニーから約7時間です。


飛行機はバリ島に着陸した後にプーケットに向かって飛行を続けました。