gahag-008341[1]

















 "サッカープレミアリーグのビッグクラブであるマンチェスターシティとリバプールそしてフランスのサッカービッグクラブ、パリ・サンジェルマンのブ南米の選手はペルーからヨーロッパに向かうのにプライベートジェットを手配され、£120,000もの料金がかかったとされました。"

"今回の料金は上記3クラブで割った金額をそれぞれ支払い、各クラブは選手を出来るだけ早く戻したかったという意向です。"


 しかし"同プレミアリーグのビッグクラブであるチェルシーのブラジル人選手は対リマ戦の2-0の勝利の後、南アフリカ内で定期便の到着を待っていましたが、他のチームメイトのプライベートジェット航空機が到着したとき、なぜ彼らと同じような扱いを受けないのかと困惑を表しました。"

 これに対して"今週水曜日にチェルシーのクラブ側は、次節のプレミアリーグの試合は日曜日で、マンチェスターシティとリバプールの試合の1日後だったという事実を挙げ、選手達を一刻も早く戻す必要がなかったと説明"しスケジュールの都合で彼等に特別な待遇をしなかったということを強調しました。

 "一方でこの決断は他クラブから難色の目を向けられ、マンチェスターシティはサンジュアンにてコロンビアを3-0で下した後のアルゼンチンの選手であるアグエロら3選手をプライベートジェットでクラブ側に戻す決断を下しました。"
 クラブ側は選手をクラブの管理下になるべく早く置きたいという意向での決断であったとされます。

 "他のクラブも定期的にトッププレイヤーに対し、国際マッチの後プライベートジェットを用意し、自宅にて自主練習や休息をとらせることを好み"、チェルシーも過去にも同じことをしたことから例外ではありませんが、今回の件に関しては必要がないと判断した模様であったといえます。

 "また今回、リマからの6250マイルのフライトを、フランスのビッグクラブであるパリ・サンジェルマンから料金を負担しあうという提案を受けたと明かし、このオファーを断ったことも明かしました。" おそらくクラブ側が述べたように試合までに時間があり、一国も早くクラブ側に戻ってほしいという緊急性はないと判断したからと思われます。

 "チェルシーの選手ダビド・ルイスとウィリアンはヨーロッパに向かうチームメイトを見送り、その後定期便のファーストクラスで搭乗し、これに対し同チームのマネージメントチームは「彼等は良い休息を得ることができるだろう」と述べました。" 

 各国のトップ選手が集うプレミアリーグでは、国際マッチの都合で飛行機での移動も多く、パフォーマンスの低下につながりかねません。それを避けるためにもクラブ側の選手への理解、そしてリスペクトを怠ってはなりません。
 今回の一件で選手が格差を感じ、所属クラブとの亀裂が生じないようにクラブ側は慎重に選手の心身のケアをこれからも一層心がける必要があるといえます


引用:http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-3943374/Liverpool-Manchester-City-rush-South-American-stars-home-private-jet.html